睾丸が痛い(精巣・キンタマ・金玉の痛み)

精巣の痛みとは

精巣(睾丸・キンタマ)とは男性特有の生殖器で、精子をつくる重要な役割を持っています。男性は何かしらの原因で、精巣に痛みを感じたことがある経験をされていますが、重要な疾患が隠れていることもあります。精巣や睾丸、陰嚢に痛みを感じても病院に行きにくいと感じる方もいらっしゃると思いますが、疾患による原因のときもあるので、お気軽にご相談ください。

精巣の痛みを伴う疾患

精巣腫瘍、
精巣がん

精巣腫瘍や精巣がんはそれ自体が痛みを感じることがありませんが、精巣の大きさが変化します。左右の大きさが異なっていることに自身で気づき、病院で受診することによって発見することも少なくありません。超音波検査を行うことで、大きさや形、組織の状態まで確認できます。

精巣捻転

精巣捻転とは、精巣につながる動脈・静脈・神経がねじれ、血流が途絶えてしまって精巣が壊死してしまう病気です。主な症状として、激しい痛み、しこりやむくみなどが起こります。まずは触診にて精巣の腫れやサイズを確認し、その後に超音波検査などで血流の状態を確かめます。治療法としては、ねじれた捻転を直接戻す必要があるため、陰嚢の皮膚を切開する手術が必要です。10代に多く見られ、捻転を起こしてから6時間以内に元に戻さないと精巣機能が停止してしまうので、激痛を感じたらすぐに受診して適切な治療を受けましょう。

精巣上体炎

精巣上体とは精巣の上に帽子のように被さっている組織です。ここが炎症を起こすることで精巣の片側に痛みが生じることが多く、同時に大きくなったり発熱が出たりすることがあります。原因が分かる場合と原因不明のものもあり、考えられるものとしては性感染症のクラミジア尿道炎、カテーテル留置などです。精巣上体炎は抗菌剤と痛み止めを服用することで痛みは1週間程度で解消することが多いですが、腫れが引くまでには数か月かかることがあります。一時的な痛みを緩和する方法として、陰嚢を冷やすことも有効です。

精索静脈瘤

精索静脈とは精巣の周囲を取り囲む性脈です。ここにがんができてしまうと、陰嚢に痛みや違和感、締め付けられるような感覚を起こし、鼠径部にも痛みなどを感じることがあります。良性疾患で痛みは軽度であるものの、精巣温度が上昇してしまい、男性不妊症のリスクが高まります。手術をすることで改善可能で、当院でも相談を受け付けているので、子供をつくることを考えている方はご相談ください。

精巣損傷・
精巣外傷

外部からの力で精巣が損傷を追ってしまった場合、出血などと同時に強い痛みを感じてしまいます。精巣表面の膜に断裂がなければ経過観察で十分ですが、出血が続いたり、精巣を包む膜が断裂してしまっている場合には手術しなければなりません。特にスポーツをやっていらっしゃる方はプレー中に起こった事故によって傷ついてしまうことが多いので、注意してください。

陰嚢水腫

陰嚢水腫とは陰嚢内に水が溜まり腫れてしまう疾患で、放置していると腫れが大きくなってしまいます。痛みが起きることはほとんどありません。治療法としては手術、もしくは針を刺して水を抜く方法(陰嚢穿刺)があります。ただし、陰嚢穿刺では再発リスクが高く、感染リスクもあるため、繰り返す場合は手術をお勧めします。

ムンプスウイルス
による精巣炎

ムンプスウイルスは流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)を引き起こすものですが、卵巣、精巣で炎症を合併することがあります。成人男性に多く見られ、20~30%の割合でウイルスに感染すると精巣炎を合併するとされています。主な症状として、急激な精巣の痛みや腫れ、発熱があり、放置していると精巣上体炎の合併リスクも高まります。また、男性不妊症になる可能性もあり、片側だけ起こっている場合は10%、両側の場合は30%程度とされています。現在の治療法には根本的解決できるものはなく、鎮痛剤による薬物療法と安静と局所の冷却などを行います。

TOPへ