大人のおねしょ(夜尿症)

大人のおねしょ
(夜尿症)とは?

就寝中の尿漏れのことを夜尿症(おねしょ)と言い、子供だけでなく大人でも起こり得るものです。子供の夜尿症は排尿機能が未発達であることが理由で起こることが多く、成長に伴って自然と解消していくことがほとんどです。一方で、大人の夜尿症は何かしらの重大な疾患が原因となっていることもあるため、なるべく早めに泌尿器科を受診して治療を開始することが望ましいでしょう。
子供に関しては、2~3歳になるころにはオムツを使わなくても済むようになります。しかし、排尿機能の発達が遅れていたり、水分を過剰に摂取する週間がある子供については、5歳頃までおねしょが続くことがあります。なお、6歳を過ぎても週に一回程度はおねしょをしてしまうような場合には、夜尿症の恐れがあるため一度泌尿器科を受診されることをお勧めします。
一方、大人の場合は、子供のころから治っていない1次夜尿症と、大人になってから症状が現れる2次夜尿症の2パターンに分類されます。夜尿症はどんな大人にも起こり得るものですので、お悩みの方はぜひ一度当院までご相談ください。

大人のおねしょ
(夜尿症)の原因

加齢、自律神経の乱れ、睡眠障害、病気の4つに大きく分けられます。

加齢

加齢によって、膀胱や直腸を支えている骨盤底筋が緩んでしまうことが原因となり、尿漏れが起こりやすくなります。特に、女性は妊娠や出産を経験することで骨盤底筋にダメージを受けやすいと言われており、また、体の構造上の問題で男性よりも女性の方が尿道が短いため、尿漏れを起こしやすくなると考えられています。
さらに、就寝中に尿意で目が覚めたが、加齢の影響で体が動かしづらくなり、トイレに間に合わず失禁するというケースも想定されます。

自律神経の乱れ

膀胱や尿道は自律神経によってコントロールされており、就寝中は起きている時の1.5倍程度の尿を溜めておけるように膀胱の緊張が緩和されることが通常です。しかし、過度なストレスや生活習慣の乱れが原因となって自律神経が正常に働かなくなると、膀胱に溜められる尿量が減ってしまい、尿漏れや夜尿症につながってしまうと考えられます。

睡眠障害

睡眠の質が良い方であれば、睡眠中に抗利尿ホルモンが分泌されて尿量が適正な量に抑えられるため、尿意で目覚めるといったことはなくしっかりと睡眠できます。しかし、寝つきが悪い、眠りが浅いといった睡眠障害にお悩みの方ですと、抗利尿ホルモンの分泌量が減ってしまうことで膀胱に多量の尿が溜まり、尿漏れを起こしやすくなってしまうと考えられます。

生活習慣など

毎日バラバラな時間に床に就く、就寝前に飲酒をしないと眠れない、就寝中に寝具をはいで寝冷えするといった悪い習慣が続くことによって、夜尿症や尿漏れを起こしやすくなってしまいます。夜中に尿意を催して目を覚ます回数が増えたり、トイレに行く夢を見るといった場合には、特に注意が必要です。

大人のおねしょ(夜尿症)
を引き起こす病気

大人の夜尿症は、排尿をコントロールしている神経や膀胱などの尿路に悪影響を与える病気によって起こされることもあります。
神経の中でも特に脊髄に悪影響を与える疾患が夜尿症に結び付くと考えられています。例えば、糖尿病の合併症として知られる末梢神経障害、腰椎脊柱管狭窄症などが挙げられ、尿意を感じにくくなってしまうことで日中にも尿漏れを起こしてしまうことがあります。
また、膀胱などの尿路に悪影響を与えるものについては、前立腺肥大症や便秘、子宮脱などが挙げられ、膀胱や尿道が圧迫されることで日中でも尿漏れをしてしまう恐れがあります。
さらに、睡眠時無呼吸症候群、うつ病なども夜尿症を引き起こしやすいと考えられています。些細なことでも結構ですので、気になる症状があればお気軽に当院までご相談ください。

過活動膀胱

膀胱の活動が過剰となり、急に強い尿意を催して間に合わず失禁する切迫性尿失禁や頻尿などの症状を起こします。また、このようなことが原因で夜尿症や夜間の尿漏れを起こしやすくなってしまいます。外出先や人前で失禁や尿漏れをしてしまう不安でQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が下がってしまうことにもなりかねないため、なるべく早めに専門医にご相談することをお勧めします。お気軽にご相談ください。

前立腺肥大症

男性の生殖器の一部である前立腺は、加齢に伴って肥大しやすくなります。前立腺が肥大すると、尿道が圧迫されて排尿に支障をきたす恐れがあります。また、トイレに行く回数が増えたり、膀胱内の尿が溢れ出るようにして漏れる溢流性尿失禁などが起きると、夜尿症につながりやすくなるため、注意が必要です。

神経因性膀胱

脳から膀胱への排尿に関する指示がうまく届かなくなり、排尿を蓄尿に関して支障をきたしている状態を神経院生膀胱と呼んでいます。脳梗塞や脳出血といった脳疾患や糖尿病などが原因となっていることもあるため、なるべく早めにご相談ください。

便秘

便秘が続くと、溜まった便が膀胱を圧迫することで尿を溜めておける量が減り、尿漏れが起きやすくなると考えられています。便秘が続くことは、夜尿症以外にも様々な疾患の原因となり得ますので、医師の指導のもとで適切な治療を受けることが大切です。

糖尿病

糖尿病によって血糖値の高い状態が続くと、体内の糖分を排出するために多量に水分を補給するようになり、そのことが夜尿症の原因となります。また、糖尿病の合併症によって神経因性膀胱になると、さらに夜尿症のリスクが上がりますので、注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群

就寝中に無呼吸状態を繰り返すことで、睡眠の質が低下して様々な悪影響が出る疾患です。この疾患は、十分に睡眠時間を確保したとしてもぐっすり眠ることができず、夜中に何度も目を覚ましてしまいます。その結果、日中に激しい睡魔に襲われて、交通事故などを起こす原因となります。また、睡眠の質が低下することによって、夜尿症や夜間の尿漏れのリスクが高まることで知られていますので、注意が必要です。

大人のおねしょ(夜尿症)の対策・治療

加齢

夜尿症は治療で改善が見込める疾患です。年を取ったからと言って投げやりになってしまうと、外出先や人前での振る舞いが不安になってしまい、余計に老け込む悪循環に陥ります。したがって、体力や筋力を維持するために適度な運動を行ったり、ケア用品を使うなどしてうまくご自身の体と付き合っていくことが大切です。

ストレス

お仕事などで忙しくなかなか息抜きの時間が取れずにストレスが溜まってしまう方も多いかと思います。隙間時間を上手く使って、ご自身の趣味や熱中できることに取り組んだり、部屋の模様替えや入浴で気持ちをリフレッシュさせたりするなど、できる限りの対策をしていきましょう。

生活習慣

夜尿症の対策には、十分な睡眠時間を確保することが大切となります。また、就寝前の水分補給はなるべく控えて、必ず用を足してから床に就くようにしましょう。お酒には利尿作用があるため、寝酒をすることもお勧めできません。規則正しい時間で早寝早起きをすることで、体内時計がリセットされて体の不調もだんだんと改善されやすくなっていきます。また、毎日の適度な運動や1日3食栄養バランスの取れた食事を取ることも心がけていきましょう。

疾患

夜尿症や夜間の尿漏れの原因となる疾患は様々ありますが、まずは泌尿器科を受診してご自身の体の状態を専門の医師に診察してもらうことが大切です。場合によっては、泌尿器科以外で診察や検査が必要となることもあります。例えば、便秘は消化器内科、糖尿病は内科、睡眠時無呼吸症候群は睡眠外来などが専門となります。当院ではそういった際にも連携している医療機関をご紹介し、患者様が適切な治療をうけていただけるようにサポートさせていただきます。

TOPへ