陰部(性器)の痛み

陰部の痛み

陰部の痛みとは、主に尿道や膀胱近辺に痛みが生じることを指し、その原因は様々なものがあります。排尿痛の場合は何もしていなくても陰部に違和感や痛みを伴うことがあります。痛みを感じる部分は尿道や尿道口で、チクチクしたような痛みが排尿時や排尿後に生じます。他にも性感染症が原因で陰部に痛みが生じることがあります。性感染症はパートナーへの感染拡大の恐れもあり、症状が悪化する事もあるので、違和感がありましたらパートナーと一緒に受診しましょう。

陰部の痛みの原因

膀胱炎

膀胱炎は膀胱内に細菌が侵入することで起こる病気で、陰部や排尿時の痛みの原因となる疾患です。尿道が短い女性に多く見られます。膀胱に感染した細菌が粘膜で炎症を起こすことにより、排尿痛や排尿時の違和感、頻尿血尿などの症状が現れ、悪化すると腎盂腎炎になるリスクが高まります。腎盂腎炎になるとさらに発熱や腰の痛みまで生じるので、早めに治療を受けるようにしましょう。

尿道炎

尿道炎とは尿の通り道である尿道が炎症を起こす疾患の事で、男性にも女性にも見られますが、特に女性は膀胱炎と尿道炎が同時に発生することが大半です。尿道炎の症状としては、排尿時の痛みや違和感、頻尿、膿の分泌などがあります。治療を行わないと尿道から逆行性に感染が進行し、精巣上体炎となる可能性があります。精巣上体炎になると精巣上体管が閉塞し不妊の原因となることがあります。クラミジアや淋菌、マイコプラズマや大腸菌などが原因となります。

性感染症(性病)

性感染症により陰部、尿道に痛みを生じる場合、男女で症状に差があります。女性の場合は症状を感じることがあまりなく、男性はかゆみや排尿痛、膿や分泌が出るなどの症状がでます。日本で起こる性感染症の多くは淋病とクラミジアです。淋病はクラミジアより強く症状が出やすいのが特徴です。例えば、クラミジアは透明感のあるサラサラの膿が少量分泌されるのに対し、淋病は黄色く粘着性のある膿が大量に分泌されます。

性器ヘルパス

性器ヘルペスウィルスは、単純ヘルペスウィルス1型または2型の感染による感染症で院部の痛みの原因となる疾患です。性器に浅い潰瘍性病変または水疱性病変を形成する疾患です。一度感染したウィルスは知覚神経から神経節に潜伏し、疲労や性行為などの刺激で皮膚や粘膜で病変を形成します。皮膚病編の他に発熱やリンパ節の腫脹を伴うこともあり、稀に仙骨の神経障害から排尿や排便困難となることがあります。

尿道結石

尿道に結石が詰まった場合、または尿管結石が排石される時に痛みを生じることがあります。尿道に詰まったままになることは稀ですが、どうしても排出されない場合には、膀胱鏡などにより摘出します。

陰部の痛みの
検査や治療法

陰部に痛みが生じる原因は様々で、適切な治療方法も異なってきます。
症状があわれた時点で、しっかりとした問診と検査を行うことが必要になります。特に、細菌培養検査は抗菌薬を投与した後だと原因菌が同定されないこともあるため、抗菌薬内服前に培養検査を提出する必要があります。

TOPへ