尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマとは

性行為でヒトパピローマウイルスに感染することによって発症する疾患です。比較的に10~30歳代の若い方の発症が多い傾向にありますが、高齢の方でも発症されることがあります。非常に感染力が高いウイルスとして知られており、感染者との性行為によって約60~80%の確率で感染すると言われています。また、再発率が高く、HIV感染症への感染リスク増加の報告もあることから、注意が必要です。症状は、男性であれば陰茎、陰嚢、肛門の付近に、女性であれば膣や肛門の付近にカリフラワーのような形の突起物ができます。この突起物自体に痛みなどの自覚症状はありませんが、目に見えない場所にできるとどんどん大きくなり、数が増えることで初めて発症に気づく方もいらっしゃいます。

尖圭コンジローマの
原因・感染経路

性行為による感染が基本的な感染経路として知られています。性行為中の性器の摩擦によって感染するため、避妊具を装着することで感染をある程度防ぐことができますが、避妊具で覆いきれない場所や避妊具の破損などによって感染してしまうこともあります。

尖圭コンジローマの
潜伏期間

潜伏期間は8カ月~1年と言われています。しかし、中には感染して2カ月程度で発症する方もいらっしゃり、潜伏期間にばらつきがあります。発症までの潜伏期間は比較的長いと考えられています。

尖圭コンジローマの症状

男性の場合は、陰茎、陰部、肛門付近にイボのような表面がざらざらした数㎜ほどのできものができます。成長すると鶏のとさかのようなものが生じ、次第に数も増えていきます。女性の場合は、膣や肛門の周辺に同じようなできものができます。この突起物自体に痛みなどの自覚症状はありませんが、目に見えない場所にできるとどんどん大きくなり、数が増えることで初めて発症に気づく方もいらっしゃいます。

尖圭コンジローマの検査

実際のできものを電気メスで切除して、顕微鏡で尖圭コンジローマに特徴的な細胞があるかを確認します。ぬぐい検査という方法もありますが、十分な数の尖圭コンジローマの細胞を集めることが難しいため、検査の正確性を考慮すると電気メスでの切除がふさわしいと言えます。

尖圭コンジローマの治療

 塗り薬

まずは、イミキモドという塗り薬を患部に塗って様子を見ます。塗り薬の塗布が再発防止に最も役立つと考えられています。1カ月ほど塗布を続けても改善が見られない場合は、電気メスや液体窒素によって切除を検討します。なお、ヒトパピローマウイルスを完全に殺傷することは難しく、陰部から消えても体内に残り続けて、免疫力が低下したタイミングなどで再発のリスクがあると言われています。

電気メスによる切除

できものとその周辺の皮膚を切除するもので、短時間で治療は終了します。なお、複数のできものが密接していたり、亀頭部にできものがある場合は、出血のリスクがあるため液体窒素による治療をお勧めしております。

液体窒素による治療

病変に液体窒素を使うことで冷凍凝固を行います。1〜2週おきに行うことで病変を治療します。病変の状態によっては時間がかかることがあります。
当院では液体窒素による治療、電気メスによる治療ともに施行可能です。ただし、一度病変が消失しても、再発することがあるので注意が必要です。

TOPへ